不動産売却 費用

不動産売却をする時に、売却金額とは別でかかってくる費用があります。
最終的にどれくらいの金額が残るのか?ということで、かかる費用は知っておきたいところです。

まず最初にかかる費用の名前だけを並べてみるとこのようになります。

 

こちらのページでは上記の不動産売却をする時にかかる費用についてそれぞれ詳しく書いていきたいと思います。

仲介手数料

不動産売却 仲介手数料

不動産売却でかかる費用の中で1番大きな金額になるのが仲介手数料です。
※詳しくはこちら⇒不動産売却の仲介手数料|計算方法は?

簡単にいえばこの金額がかかってきます。

不動産の売却額 × 3% + 60,000円(税抜)

 

一般的には上記の金額が仲介手数料となっています。

しかし、この金額はあくまでも法律で定められた上限です。
一般的には上限額いっぱいを仲介手数料としてとる不動産会社が多いのですが、最近はそれよりも仲介手数料を下げてくれている会社もあります。

 

仲介手数料は不動産売却の中で1番大きな費用ですが、仲介手数料が低い不動産会社を探せば1番簡単に下げられる費用でもあります。
出来る限り売却益を大きくしたいのであれば、仲介手数料の安いところを探すのがおすすめです。

 

譲渡税

不動産売却 譲渡税

不動産売却した時に利益が出た場合はその利益(譲渡益)に対して税金がかかります。
具体的な計算式はこのようになります。

 

売却代金

(売却する不動産の購入費用 + 売却にかかった費用)

=

譲渡所得

 

譲渡所得にかかる譲渡税に関しては売却する不動産の所持年数によって違ってきます。

 合計税額内訳
5年以下39.63%所得税:30%
住民税:9%
復興特別所得税:0.63%
5年超20.315%所得税:15%
住民税:5%
復興特別所得税:0.315%

印紙税

印紙税というのは印紙代とも言われるのですが、売買契約書に貼り付ける切手のような紙になっています。

これについては売買契約の金額によって定められているので先に予想が付きますし、全体から見れば小さな金額です。
具体的な印紙税の金額はこちらになります。

売却金額通常税率軽減税率
10万円〜50万円以下400円200円
50万円〜100万円1,000円500円
100万円〜500万円2,000円1,000円
500万円〜1,000万円10,000円5,000円
1,000万円〜5,000万円20,000円10,000円
5,000万円〜10,000万円60,000円30,000円
10,000万円〜50,000万円100,000円60,000円
50,000万円〜100,000万円200,000円160,000円
100,000万円〜500,000万円400,000円320,000円
500,000万円〜600,000円480,000円

住宅ローンの繰上げ返済手数料

売却する不動産を売却する場合は全てローンを払い切るのが一般的になっています。
その時に一括で支払うのですが、ローン支払いしているものを一括で払う際に支払う手数料となっています。

目安では3,000円~5,000円が相場と言われています。

測量費用

不動産売却 測量費用

土地の境界があいまいになってしまっている場合は土地の測量をして貰う必要があります。
費用の相場は明確にはわかりませんが、今回120㎡の土地の測量を依頼してかかった費用が18万円弱でした。

 

土地の境界は売却価格・境界問題を起こさないためにもしておいたほうが良いことなので、境界が曖昧になってしまっているならしてもらうほうが良さそうです。

抵当権抹消登記費用

売却予定の不動産にまだローンが残っている場合はローンを返済後に抵当権を抹消して貰う必要があります。
抵当権を抹消するのに司法書士の先生へ書類作成依頼するので、その書類作成等にかかる費用になります。

土地と不動産で3万円、土地だけなら1万円程度かかると言われています。

不動産売却にかかる費用 まとめ

  • 仲介手数料
  • 譲渡税
  • 印紙税
  • 住宅ローンの繰上げ返済手数料
  • 測量費用
  • 抵当権抹消登記費用