不動産売却の仲介契約|専任媒介と専属専任媒介契約の違い

不動産売却の仲介契約は大きく分けて「一般媒介契約」と「専属媒介契約」に別れます。

簡単に言えば専属なのか?そうでないかの違いがあります。
(詳細は⇒不動産売却|仲介業者との契約の種類)

さらに専属媒介契約の中でも2種類に別れていて、具体的に上げると以下の2つです。

  • 専属媒介契約
  • 専属専任媒介契約

名前は似ているのですが、この2つの契約の中身は具体的にどのように違うのでしょうか?

“専属媒介契約”と”専属専任媒介契約”の1番の違い

この2つの私達売り手にとっての1番の違いはこちら。

 

自分たちで買い手を探して売ることができるか・できないか

 自分で買い手を探してよいか?
専属媒介契約
専属専任媒介契約

 

他にも違いはあるのですが、私たちにとっての大きな違いは上記のようになります。

といっても実際のところはあまり関係がないといえるかもしれません。
その理由は自分たちで買い手を探して、契約も含め全てをスムーズにトラブルなく行うのが難しいからです。

 

自分たちで探して売れれば仲介手数料を払う必要がないというメリットがあります。

不動産売却の仲介手数料は一般的に3%。
3%といっても売る金額が大きく、1000万円でも30万円、5000万円なら150万円と馬鹿にできない金額になります。

自分たちで買い手を見つければ仲介手数料を払う必要がないので、大きなお金が残せます。

 

しかし、自分たちで買い手を探して売却するとなっても困るのが手続きや契約書類などを準備したりと大変です。
実際のところ自分たちで買い手を探してスムーズに売却するのは難しそうでした。

不動産に関する知識を持っていたり、司法書士など不動産売却に関する手続きに詳しい職業であればできるかもしれませんが、そうでない場合がほとんどでしょう。

だから自分たちで買い手を見つけるという場合でない限りは自分たちで買い手を探せる”専属媒介契約”を結ぶメリットはないかもしれません。

“専属媒介契約”と”専属専任媒介契約”の仲介手数料は違うの?

では2つの契約では仲介手数料は変わってくるのでしょうか?

どちらの契約でも仲介手数料は同じ

実際は上記にあるように、家が売れた時の仲介手数料は同じになっています。
理由は法律で仲介手数料の上限が決められていて、一般的にその上限で仲介手数料を支払うことになるからです。

 

具体的な仲介手数料はこちらになります。

 

不動産の売却額 × 3% + 60,000円(税抜)

 

本当は細かい計算もあるのですが、一般的に400万円を超える不動産売却の場合の仲介手数料は上記の計算になっていることがほとんどのようです。
(詳細な計算方法はこちら⇒不動産売却の仲介手数料|計算方法は?)

 

最近では仲介業者が手数料を下げている場合もあるようですが、それは会社ごとの違いであって、”専属媒介契約”と”専属専任媒介契約”での仲介手数料の違いではないといえます。

なので仲介手数料に関してはどちらの契約方法でも変わらず、仲介手数料の違いは業者によって変わると思っておくと良いようです。

“専属媒介契約”と”専属専任媒介契約”の違いの詳細

ここまでは2つの契約種類で大きな違いを書いてきましたが、ココからはもっと細かい部分を見ておきます。
2つの契約方法の違いを表にまとめてみるとこのようになりました。

 専属媒介契約専属専任媒介契約
自分で買い手を探せるか?
レインズへの登録
(契約から7日以内)

(契約から5日以内)
販売状況の報告義務14日に1回7日に1回

上の2つに関してはそこまで大差がないのですが、最後の「販売状況の報告義務」は意外と大事なポイントです。
急いで売りたいと考えているなら、特に大事なポイントとなります。

 

専任媒介契約を結ぶと、今売りだしている物件がどのような状況なのか?というのを連絡をいれることが法律で定められています。
不動産会社によって報告内容は違いますが、販売に関しての状況を確認できるのは嬉しいポイント。

 

こちらとしても欲しい情報をもらうことができるので、

  • 現在の問い合わせ件数
  • 行った広告活動
  • これからどういった動きを取る予定なのか

といった不動産売却に対しての活動、実際の結果を確認できます。

 

売れればなんでも良いと考えているなら気にしなくても良いですが、ちゃんと不動産会社が営業してくれているのか?などを確認したい場合にはより短い期間で報告をもらえる専属専任媒介契約を結ぶのが良いといえるでしょう。

専任媒介と専属専任媒介契約の違い まとめ

ここまで2種類の契約についての違いを書いてきました。
最後に改めて違いをまとめておきたいと思います。

 

  1. 専属専任媒介契約では買い手を自分で探せないが、専任媒介契約では探しても良い
  2. 仲介手数料はどちらでも「取引額×3%+60,000円」
  3. 専属専任媒介契約では売却の状況を1週間に1度、専任媒介契約では2週間に1度もらえる

 

2つの契約方法の違いを私たちに取って、私たちにとって大事なポイント3つを見るとこのようになります。
絶対にどちらが良いというわけではないので、自分が何を重視するかによって違ってくるので重視するポイントに合わせて契約を選びましょう。

 

なにを重視しているならどの契約が良いのか?について別ページでまとめているので、そちらも参考にしてみてください。

不動産売却の仲介契約|どれが良い?