不動産相場の調べ方

  • 最初から査定に出すと営業されるのが嫌
  • 査定に出す前にまずどれくらいで売れるか知っておきたい
  • 査定額が適正か知るのに相場を知りたい

不動産売却をする時に気になるのが、自分の物件がどれくらいの価格で売れるのか?というところ。
上に書いているような理由で不動産売却の相場を知りたいと思ってしまいます。

そこで、こちらのページでは自分で不動産の相場を知る方法についてまとめてみたいと思います。

不動産売却|過去の相場を知る方法

不動産 相場 reins

まず最初に知っておきたいのが過去の相場。
実際にいくらで売れたのか?というのを実際に見れるのが「REINS」というサイトです。

 

不動産取引状況提供サイト REINS

 

基本的に不動産売却の時に専任契約を結んだ場合に必ず登録しないといけない義務があるサイトとなっています。
だからREINSはほぼ全ての不動産の情報が載っているサイトとも言えます。

ここから実際に過去に自分の住んでいるエリアでの物件がいくらで売却されたのか?を見れます。

不動産売却|現在の相場を知る方法

次は実際に今いくらで売られているのか?を見る方法です。
これは単純に不動産情報サイトを見て価格を見てみる方法になります。

あくまで販売価格なので実際にいくらで購入されるかは実際に購入されるまではわかりません。
しかし、相場の目安としては参考になるかと思いますので、見ておくことをおすすめします。

具体的なサイトは以下になります。

他にもあったのですが、実際に使ってみて分かりやすかったものをご紹介しています。
もっと見たい場合は他の不動産情報サイトも見て比較してみてください。

物件の相場を知っておいたほうが良い理由

ここまで不動産相場を知る方法を書いてきました。
個人的には不動産を査定に出す前にまずは相場を知っておくのが良いと思っています。

 

相場を知っておいたほうが良い理由は販売価格を不必要に下げられて、損してしまわないためです。

 

不必要に販売価格を下げられてしまう理由は不動産会社の両手取引が理由です。
(詳しくはこちらのページ⇒不動産売却|仲介業者の仕組み)‎

 

不動産業者が1番利益になり、目指している販売方法が両手取引となっています。
両手取引を簡単に説明するとこのようになります。

不動産会社 仲介業者

両手取引は売手・買手両方を仲介することで両方から仲介手数料を貰う形です。
どちらから仲介手数料をもらうので仲介業者に取っては1番利益が大きくなっています。

 

売手側に関しては契約した時点であるもらえる仲介手数料が確定します。
しかし、買手側は自分たちで探した買手でないと仲介手数料がもらえません。

 

これが問題で両手取引をするために他の業者等からの物件に関する問い合わせに対して、自分たちで買手を見つけるまで「すでに売り先が決まっている」といって紹介を断る業者もあります。

紹介があるにも関わらず、私達売手には「問い合わせがない。値段を下げてみましょう」と提案して、買手を見つけやすくする場合も少なくないとのこと。

 

もっと高額で売却できたはずの物件が、不動産業者の利益優先のために値段を下げられ最終的に手に入るお金が減る。

 

こうならいためにも、ちゃんと相場を知っておくことが大事になります。
値下げを提案された時にその額が妥当かどうかを知るためです。

相場から外れていたとしても、理由に納得できます。
(物件の状態が原因だったり)

 

ただ意味もなしに値下げを受け入れないためにも自分たちの売る物件の売却相場は知っておきたいところです。

自分の物件の相場を知る

不動産売却 相場

ここまで自分の物件の売却相場の調べ方と、相場を知っておいた方が良い理由について書いてきました。

事前に相場を知った上でするのが自分の物件の査定になります。
その時に利用してほしいのが不動産の一括査定サービス。

一括査定サービスを利用したほうが良い理由は3つあります。
詳しくはこちらのページで書いています。

 

不動産売却するなら一括査定を使ったほうが良い3つの理由

 

簡単に書いておくと、業者によって査定額も数百万円単位で変わることもありますし、仲介手数料にも違いがあったり、その業者に安心して依頼できるかを見極めるためにも、1社ではなく複数に査定を出す必要があるからです。

自分で複数探して査定に出しても良いですが、簡単な入力でまとめて複数の会社に依頼できる一括査定サービスの方が手間を抑えられます。
不動産売却で損しないためにも一括査定サービスを利用してみてください。

↓  ↓  ↓